「笑っていいとも」が終わった本当の理由とは?

 

以下、「笑っていいとも」についての雑コラムです。

 

「笑っていいとも」が終わった本当の理由とは?

 

「笑っていいとも」が終わって7年になる。
「笑っていいとも」の最終回といえば、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるずら大物コンビが一堂に会した「伝説の最終回」を思い浮かべる人が多いと思う。確かにあれはすごい出来事だったが、そもそも「いいとも」はタモリさんの番組なので、ここではタモリさんについて語ることにする。

そもそもなぜ終わってしまったのか?と今になって考えても真相は不明だが、いいとものヘビーウォッチャー(大げさ)だった私は最終回までの1年の間にある異変があったことを思い返しては、あれはいいともが終わった遠因だったのかな、と思うことがある。

 

・タモリさんが全コーナーに出なくなった

 

2013年7月頃だったと思う。それまでいいともの全コーナーに出ていたタモリさんがオープニングとテレフォンショッキングとエンディングにだけ出て、他のコーナーには出演しなくなった期間があった。タモリさんが出ないことに対しお客さんや視聴者に何の説明もなかったのでなんとなく胸がざわついたが、初期のいいともはタモリさんが出ないコーナーもあったらしく、原点回帰(?)かもしれないと思うことにした。

タモリさんの体調不良とかじゃないならいいや、と楽観的に見ていたが、とある日の木曜日のコーナーで、レギュラーの鶴瓶さんが進行を無視してある若手コンビに「今ネタをやって、タモリを楽屋から引きずり出せ」と無茶ぶりをしたことがあった。そのコンビは急遽持ちネタを披露したが、タモリさんが出てくることはなかった(エンディングには出ていたと思う)。「やっぱりタモリさんとスタッフの間で何かあったのかな……」と再び胸がざわついた。

そして2013年10月23日火曜日の放送で木曜レギュラーの鶴瓶さんが番組終盤にエンディングゲストとして登場し、タモリさんに対して「『いいとも』終わるってホンマ?」と聞いた。そこでタモリさんから2014年の3月をもって番組が終了することが発表された。
ショックだった。物心ついた時から見ていた番組が終わってしまうのが単純に寂しかった。
しかしそれ以降の放送からタモリさんが再び全コーナーに出演するようになり、とんねるずが急遽レギュラーになったり、最終回までの毎日はお祭り騒ぎだったと思う。そしてあの伝説の最終回を迎えたのだった。

あの、タモリさんが出ない期間は何だったのかな……と今も時々思う。タモリさんとスタッフの間に何らかのズレがあったのかもしれないが、終わり良ければすべて良しかな、と最終回のDVDを見ながら思う。(雑コラム)

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました